「あなたの事が好きだから、
無傷のままでは居たくなかった」


穏やかな声でそう言った彼女の

涙で錆びついた頬に


キスをした。



inserted by FC2 system