甘酒なんかで酔っ払った君は、
上機嫌で鼻歌なんか歌っている。

人気のない方へ進んで行ってしまう君へ、
はぐれないように伸ばしたその手は、
あの日の思い出を掠めただけだった。

ああ、僕だ。

人混みに悪酔いしていたのは。



inserted by FC2 system