日曜の穏やかな昼下がり。
ずっとこの幸せな時間が続けばいいと、
僕は池に入ってみることを提案した。

「無理よ。この池浅いもの」
全てを見透かした君が 僕をわらった。




inserted by FC2 system