「あちらのお客様からです」

なんて言われたからそっちを見たのに、
誰もいやしない。

訳が分からずマスターを見ると、
彼はカウンターを乗り越えて

無人のそこに静かに座った。


inserted by FC2 system