お正月落描きと、日記での語り。




お正月に描いていた落描きその1。

黄櫨「お年玉あげようか」
と、上機嫌な黄櫨くん。ピーターに相手をしてもらえるのが嬉しい様子。孫を可愛がるお爺ちゃんみたいな。 黄櫨くんはピーターよりもずっと昔から居るので、ピーターの子供の頃とかも知ってそう。いつのまにか大人になっちゃったピーターだけど、黄櫨くんはだっこしてもらいながらも“可愛がる”方なんだと思います。だからお年玉だってあげたくなっちゃう。ピーターはちょっと複雑。







お正月に描いていた落描きその2。

黄櫨くんとピーターがゴロンゴロンしている間に、二人でババ抜きする常盤さんと主人公。
主人公は特に考えもなく「負けたらなんでも言うこときく!」とか言ってしまい、後悔しそう。常盤さんにとってはこれとない機会ですが、勝ちにいくというのもあからさまにアレなので、負けようとするも、主人公の表情が掴めず中々カードを引けない。主人公は主人公で、負けるのは嫌だけど勝っても要求することが思いつかないので、「どうすっかなあ」って思ってる。けど結局どっちが勝っても困惑して「握手してください」とか妙なことを口走っちゃう。「ファンか!」って黄櫨くんが突っ込みを入れてくれることでしょう。
っていうか二人ババ抜きって……初めからカードを二枚だけ用意して、どっちがババかを当てるゲームにしなさいよ。紙の受け渡しが楽しいとでもいうのでしょうか。きっと、そうなのでしょう。
こんな風に過ごす四人からちょっと離れたところで、ジャックは一人で福笑いをしているに違いないです。持参で。目隠しまでしてやる気に満ちた彼に、ちょっと離れたところから「右、あ、もう少し上〜」とか皆で適当なことを言っているに違いない。そのまま放置してお雑煮食べ始めるに違いない。

とかなんとか、元旦の親戚の家で妄想してました。一人楽しすぎますね。ふふ。 inserted by FC2 system