辿り着いた先は、暗闇だった。いきなり暗闇に迷い込んだのかもしれないし、夕方が徐々に夜になっていったのかもしれない。何にしろ、暗闇だった。

黒に支配された視界には、何も見えない。わたしは空間を把握するために、手を伸ばす。すると、指が布に触れた。固く、波打つ表面。今までの人生経験から、恐らくそれはカーテンだろうと予想が付く。案の定、それを引くとそこには窓が現れた。遮光カーテンの分け目から、窓越しにほの明るい光が差し込む。しかしそれはとても微弱なもので、灰色をしていた。窓の外は、ねずみ色の雨模様である。

それを認識した途端、今まで聞こえなかった雨音が聞こえ始めた。金曜日の雨よりも静かで、厳かな音が、その場を支配する。

ああ、ここはまるでノアの方舟のようだ。世界の終わりの大洪水を漂う、一つの箱。
方舟には家族も、動物も居ない。勿論、ノアも居ない。居るのはわたしと、そして、

「あなたが月曜日ね」

彼、月曜日だ。

方舟の隅で膝を抱えるようにしているその人は、紺色の背広を着ている。顔は伏せられていて伺えないが、白いシャツの襟上で行儀よくまとめられている黒髪は、背広姿に相応しい。真面目なビジネスマンという風貌の彼は、わたしよりも大きなその体を、懸命に小さく丸めていた。

わたしは怯える小動物を相手にするかのように、慎重にその紺色の塊に近づく。鼓動の音がしているが、これがわたしのものなのか、彼のものなのかは判断が付きそうになかった。

「わたしはあなたを探しに来たの。わたしには月曜日が必要なのよ」
その言葉は、彼に合ったら伝えようと、準備をしていたものだ。日曜日が言うように、彼が疎まれ、不要とされることから逃げたのならば、それを否定することが一番重要であると思ったからだ。しかし月曜日は、顔を上げることすらせず、

「そんなのは嘘だ」
とわたしの言葉を切り捨てた。

彼のその声は、厳しく冷たく無機質で、一人で生きてきたかのような強さと繊細さを併せ持っている。悲しいまでに鋭い声にわたしが何かを言うよりも先に、月曜日は言葉を連ねた。

「みんな、俺を嫌っている。誰もが、俺など居なくなればいいと思っている。君に、月曜日など来なければいいと、毎週毎週願われる気持ちが分かるか?自殺率トップの曜日だと、言われる気持ちがわかるか?ブルーマンデーと呼ばれる気持ちが分かるか?」

下に図れる彼の言葉は、ドロリと重たく地面を這う。脚を伝ってのぼってくるのは、暗鬱さや陰鬱さだ。月曜日の憂鬱な部分をより集めて固めたような、負の塊。これに飲まれる感覚も、これから逃げたくなる感覚も、わたしは知っている。

「他の曜日どもだってそうだ。俺に嫌われ者を押し付けているくせに、俺を嫌っている。まるで疫病神扱いだ」
自嘲気味に言う彼に、そんなことはない、とは言い切れなかった。日曜日は彼に好意的なように感じたが、火曜を始めとする数人は、明らかに彼に良い心象を抱いていないようだったからだ。敵意さえ、感じた。だがもしかするとそれは、相容れない存在としての敵意ではなく、……彼の背負わされているものに対する、恐れだったのかもしれない。

わたしはずっしり重い負のオーラを引きずって、泥のプールを泳ぐように前進する。一歩、また一歩。そして彼のすぐ前に立つと、黙ってそのつむじを見下ろした。小さな渦を見つめるわたしの心に湧き上がる感情は、不思議な愛おしさである。

そう。わたしは、

「わたしは、あなたが嫌いじゃない。あなたに居て欲しいの」

静かに、愛の告白のような神妙さでそう告げたわたしに、月曜日が顔を上げる。
その顔は、生真面目さと気苦労を語るかのような、顔だった。陽の光を嫌う白い肌は、うっすら青みさえ感じる。ビジネスマン風にしっかりとまとめてあっただろう髪は、今は崩れて顔に落ちていた。長めに流した前髪の奥には、切れ長の二重。黒い瞳が、疑うような、責めるような、縋るような眼差しをわたしに向けている。
わたしは彼の目線に合わせるように、屈み込んだ。

「本当だよ。あなたは必要な人。だって、わたしが学校で友達とどんなに酷い喧嘩をして絶交した時だって、あなたがまた会わせてくれた。テストも試験も、大変な壁にはあなたが立ち向かわせてくれた」

会いたくない、会いたい人。逃げ出したい、逃げてはならない試練。今まで数々の月曜日が、わたしにそれと向き合わせてくれた。

「仕事も勉強も、大切なこと。いつだってあなたは、わたしが脇道に逸れないよう、しっかりと引き戻してくれる」

そう、月曜日は多くの人々にとって―――少なくともわたしにとっては、理性のような存在だ。彼は、わたしがわたしで居るために必要なものなのだ。

彼は、黙ってわたしの告白を聞いている。その表情に大きな変化はない。わたしはといえば、伝えたいことはあらかた言葉にしてしまったので、少し困り始めていた。まだ、足りていないのだ。わたしの想いを伝えるには、まだ努力が必要なのだ。だが、続けるわたしの努力は、完全に蛇足でしか無かった。

「月曜日が祝日だったりすると三連休でいつも以上に嬉しいし…それに…少年漫画誌の発売日だし…」
もっと他に、言うことはなかったのだろうかと、自分でも後悔する。先程まで丁寧に紡いできた言葉たちが、色あせてしまったように思えた。

しかしわたしのその言葉を意外に思ったのか、はたまた呆れたのか、永久凍土と思われた月曜の表情が僅かに溶ける。毒気を抜かれて、あどけない子供のようになる。

彼のその顔を見て、わたしの心が高鳴った。

ああ―――月曜日。この人は、この人はわたしの、苦手な人。
目が合うと居心地が悪くて、しかつめらしい表情を向けられると逃げたくなるくせに、遠くで笑っていると心がざわついて。

そんな、大好きな人。

わたしは、この人に会えるなら、楽しかった日曜日が終わってしまってもいいのだ。日曜日の夜にドキドキしながら眠りについて、その晩がどんなに寝不足でも、この人の為ならまたスタートをきることが出来るのだ。

わたしは、堪えきれず彼の名前を呼んだ。それが月曜日、という名前だったのか、はたまた別の名前だったのかは定かではない。何故ならそれは、わたしの中で等しいものだったからだ。彼がわたしにとっての月曜日。月曜日がわたしにとっての彼。

そもそもその彼とは、実在の人物であったのか。

他の曜日のように、イメージが具現化しているのだとしたら、概念上の空想人物かもしれない。だが、ああ、わたしは―――。


わたしは彼に、木曜日のような親愛をこめて、微笑みかける。
金曜のように、臆せず彼との間合いを詰めて、
土曜のように、あどけなく素直な心をさらけ出し、
日曜のように、大きな愛で包み込む。

両手いっぱいに彼を抱え込んだわたしは、
わたしの言葉たちを、想いを、水曜のように忘れられないよう、

火曜日のように、苛烈な情熱をもってして、彼の唇を奪った。

月曜日の目が、これ以上ない程に見開かれる。わたしはその様子に、他のどの曜日らしくもないわたしだけの顔で笑い、言った。

「わたしにはあなたが必要なの。わたしにはあなたが居ないとだめなの。だから、帰ってきて」

月曜日はわたしに呑まれたように、呆然とした顔で小さく頷く。すると間もなく、窓の外が徐々に明らみはじめた。ああ、終末の夜が明ける。週末が終わる。月曜日が帰ってきた。帰ってきてくれた。

世界の白む様子は、夢から覚めさせる、まぶたの向こうの情景に似ている。きっと次の瞬間にも、わたしは元の横断歩道に居るのだろう。その時わたしは、この一連の出来事を覚えているのだろうか。
そもそもこの不思議な世界は、どこまでが現実でどこまでが夢なのだろう。もしかするとどちらでもなく、わたしの内側にのみある、心象世界であるのかもしれない。だが不思議と、この世界で得た繋がりは儚く消えてしまうだけの泡沫には思えなかった。


身体に戻る、いつもの感覚。
通勤通学の人混み。静かにざわめく、朝の雑踏。終わりと始まりが同居している、月曜の朝。


こうして、また、わたしの一週間が始まる。



『六曜日と、一。』 完







その後、再び回り始めたわたしの日常に“曜日を司る神様”たちが紛れ込んで、賑やかな日々を送ることになるなんて、ライトノベルやアニメーションのような展開になるのは、また別のお話。 inserted by FC2 system