ザリ、と、コンクリートが皮膚を削る嫌な音がする。顔の身代わりになった肘には、鋭い痛みが走っていた。地面に放り出された体は、肘だけでなくあちこちが痛い。耐えるように目を瞑っていたわたしの背中を、何かが叩く。ポツ、ポツ、と冷たいそれは、雨粒だった。

コンクリートに、雨。きっとここはもう、先程までの音楽室ではない。学校でもない。木曜日の世界でさえ、無いのだろう。

目を開けたわたしの視界に飛び込んできたのは、雨降る夜の都会だった。その様子は、火曜、水曜、木曜のどれよりわたしの日常に近い風景のように見える。
立ち並ぶビル。道沿いに構える、見慣れたコンビニやファーストフード店の姿。車やバイクのライトが、人々のさすビニール傘の雨粒に反射して、キラキラ輝いていた。ここは夜だが、水曜日の森よりもよほど明るい。

道端で傘もささずに呆然と座り込むわたしに、人々は雨より冷たい視線を降り注ぐ。その視線に、世界は急速に現実味を帯び始めた。わたしは羞恥にくじけそうになりながらも、急いで立ち上がろうとする。ああ、都会は冷たい。わたしはそれを嘆くことよりも安堵することの方が多い現代人だったが、流石に今の状況では悲しまずにいられない。

しかし意外にも、差し伸べられる手はあった。

「お姉さん、大丈夫〜?」
顔を上げると、そこには若い男の姿があった。
間延びした気の抜けるような声。金髪に縁どられた細面。耳元に光る、いくつものピアス。胸元の大きく空いたシャツに、革のジャケットを着て、ジーンズを腰まで下げ、魔女のように先の尖った靴を履いている。その男は、見るからに軽薄そうであった。もっと適した言葉で表現するならば、「チャラそう」だ。
そのチャラ男は、指輪とブレスレットで飾った手を、わたしに差し出していた。

わたしは少し躊躇しながらも、人の厚意を無下にするべきではないとその手を取り、立ち上がる。

「有難うございま……きゃっ」
男に告げようとした感謝の言葉は、言い終える前に悲鳴に変わった。わたしが立ち上がりやすいように引っ張り上げてくれた男は、そのままわたしの体を自分の方へと引いたのだ。

「お礼はいいからさ、俺と楽しいことしない?」
そう耳元で囁き、腰に手を回してくる男に、わたしはゾワリと総毛立つのを感じた。何も言えずにいるわたしを、男は自分に都合よく、シャイな女性とても解釈したのだろう。その笑顔が、より調子付く。

「今日は華の金曜日!嫌なことをぜーんぶ忘れて、飲んで歌ってパーッと騒ごうぜ!……それとも、二人で朝までお喋りしちゃう?」
その誘い文句は木曜日と似ているが、含まれる意味合いはまったく違う。この男には―――金曜日には、可愛気の欠片もない!
わたしは掴まれている手を振り払った。身を捩ると密着から逃れることも出来た。ただ、金曜日は女性のように細い体をしているが、男性なのだ。彼が本気であればきっと、女性のわたしではとても敵わない。わたしは彼から逃げることが出来たのではなく、彼がわたしを逃したのだ。それが分かり、悔しく思う。

敵意を剥き出しにしてはいないが、あからさまに警戒しているわたしに、彼は宥めるように手をヒラヒラと宙で舞わせた。全力で拒否してもなお笑顔を浮かべているところに、安心しつつも恐ろしく思う。

「どうどう」
「わたしは馬ですか!」
「まあまあ。馬でなくても、金曜日を楽しまなきゃウマシカにはなるかもな!」
その冗談はわたしにとって失礼なものの筈だったが、わたしは不覚にもこのやりとりを、少し楽しいと思ってしまった。爽快だと、感じてしまった。それは彼の、純粋に今を楽しんでいるかのような軽快さに影響されたからかもしれない。

「取り敢えず、踊ろうぜ!スコールも音楽も観客も、ここには揃ってる!」
「……踊る?」
金曜日は物語の王子様のように、腰を折り恭しく手を差し出す。それは正しい流儀ではないのだろうが、物語のお姫様ではないわたしはダンスパーティーに慣れているはずもなく、判断ができない。ただただ、彼からは連想できる筈もない、王子様のようだと思った。

わたしは半ばやけになって、その手を取る。彼のそれが、本気ではなく冗談だからだ。冗談だから、乗れる。楽しめる。

金曜日はわたしをエスコートして、道路の真ん中に躍り出た。その行動は横断歩道も信号もまるで無視していたが、車もバイクも通行人も、不思議とわたし達にぶつかることはない。金曜日のテリトリーに入るとそのどれもがただの背景で、場を演出する映像のように見えた。

わたし達は、自由なステップを踏む。水たまりがパシャリと跳ねたが、汚れることなど気にならず、むしろそれが楽しい。

わたし達は、華麗とはいえないターンを決める。回る世界の中で、街のキラキラが、流れ星のようにもっとキラキラ輝いた。

この踊りは、社交ダンスやフォークダンスに近いのだろうかと思えば、彼は時々フラダンスのような動きをして、わたしを笑わせてくる。

「はは、はははっ!」
もう、わたしの口から出るのは、笑い声だけだ。先程まで嫌悪感さえ抱いていた目の前の男性と踊ることが、今は楽しくて仕方がない。頭の先から靴の中まで雨でびっしょりで、メイクも落ちているだろうし、絶え間なく降る雫にろくに目も開けていられないというのに、とても楽しい。楽しい。楽しい!まるでイベント会場にいるかのような熱気が、体の内側から迸っていた。

だが、それでも疲れはくるものだ。わたしに疲れが見え始めると、金曜日は踊りをやめて道の端で休ませてくれた。わたしは上がっていた呼吸を整えて、息を吐く。それは決して、溜息ではなかった。

「あー!悔しいくらいとっても楽しかった!でも、もう行かなきゃ」
「シンデレラが帰るには、まだ少し早いんじゃない?」
そう言って金曜日は、雨を気にしながらもポケットからスマートフォンを取り出して、時刻を表示する。今は22時を回ったばかりのようだ。確かに、華やかな金曜の夜はこれからが本番であるかもしれない。が。

「慌てて帰って、靴を落としたら大変だもの。月曜日まで、しっかり歩いていけなくなっちゃう」
わたしにはすべきことが、行かなければならないところがあるのだ。
金曜日はわたしの言葉に、火曜や木曜のように嫌な顔をすることは無かったが、それでも思うところはあるのか、眉を八の字にして肩をすくめた。

「あーあ。まさか俺が、アイツに女の子を盗られるなんてな」
そう言って金曜日は残念そうにしたが、そこに大した本気は感じられない。ああ、これだから、彼との時間は気軽で、楽しかったのだ。

わたしは彼から離れて、雨足の弱まる様子のない金曜日の街に踏み出した。勇んであるき出したわたしだったが、人肌のぬくもりが感じられなくなると一気に寒気を実感する。

わたしは身震いして、くしゃみした。



inserted by FC2 system