目が覚めると、ツヤツヤの床の上に居た。床板からは、木の匂い以外にも独特な臭いがしている。それは、懐かしい臭いだった。そう、これは掃除用の、乳白色のワックスの臭い。小学生の頃、バケツに入れられたそれをお調子者の男子が“あれって牛乳なんだぜ”と嘯き、何人かの素直すぎるクラスメイトが騙されていた覚えがある。(わたしは大多数のクラスメイト同様、信じない派だった)

目が覚めてもすぐには意識がはっきりせず、ぼやけた感覚で子供の頃の思い出に浸るわたしの耳を、優しいピアノの旋律が擽った。あまりに心地よいその調べにもう一度眠りについてしまいたくなるが、同じくらい、目覚めることも快適に感じられた。

「おはよう」
鍵盤を奏でる少女が、楽譜を見つめたままそう言った。それはピアノの音に負けず劣らず、可憐で優しい響きの声だった。
目覚めたわたしは、黒光りするグランドピアノと、壁に掛かる音楽家たちの肖像画と、黒板、並ぶ机と椅子の存在から、自分が寝ていたのが学校の音楽室であったことを知る。ここは間違いなく、自分の中にあるイメージ通りの“音楽室”だったが、実際に通っていた学校のものであるかどうかは、ハッキリしなかった。壁に掛かる時計は、10時を指している。

わたしは、声を掛けてくれた少女に目を移す。少女は長い黒髪をおさげに結い、緑のプリーツワンピースを着て、白いソックスを履いていた。よく洗われた白い上履きが、ピアノのペダルの上で上下している。少年のようにほっそりとした幼い肢体は、とても儚げな印象だった。彼女がここの生徒ならば、ここは小学校なのだろう。

わたしは先程までのことを思い出していた。横断歩道に呑みこまれて、賑やかな商店街の火曜日の世界に行ったこと。彼女に突き落とされて、静かな森の水曜日の世界に行ったこと。彼の差し出すお茶を飲んで、眠ってしまったこと……。

あのお茶には、眠り薬でも入っていたのだろうか?火曜日より温厚な手段だが、結局彼もわたしの意思を無視して、わたしを自分の世界から追い出したのだ。今では彼も、火曜日同様に油断ならない人物に思える。といっても、元から印象の薄かった彼の記憶は既にあやふやで、もう顔もハッキリと思い出せなかった。

そして、火曜、水曜と続く不思議な世界の不思議な住人。彼女は、もしかすると……

「あなたは、木曜日?」
「ええ。そうよ。わたしは木曜日」
少女は演奏を止めて、わたしの顔を真っすぐに見つめた。クリッと円い黒目がちな瞳と、小さな唇がお人形のように可愛らしい少女だった。図書館や音楽室の良く似合う、女の子らしい女の子だ。

木曜日は狭い歩幅でぴょこぴょことわたしに歩み寄ると、その小さな手でわたしの手を取る。そして、瞳を潤ませた愛くるしい顔で、わたしを覗き込むように見上げた。

「ここまで来るのは、大変だったでしょう。疲れたでしょう。そろそろ、休んでも良いのよ」
そう言った少女の諭すような口調に、わたしは体中の力が抜けそうになる。
火曜、水曜を経て、木曜日。週の後半。確かに、日常生活でも疲れを感じ始める頃だ。(今日は日常の疲れなど比ではないが)

「ここに居て、私と一緒に、のんびりお喋りをしましょう。楽しいことを、沢山しましょう。特別な秘密を、いっぱい作りましょう」
木曜日は自分の提案に、うっとりするような表情を浮かべた。わたしにも、その誘いはとても魅力的に思えた。彼女と過ごす時間はきっと、特別に素敵なものになるに違いない。しかし―――

「わたしは、月曜日を探さなくてはいけないの」
自分でも驚くくらいするりと、その言葉が口をついて出た。戸惑いなくそれを告げることが出来たのは、木曜日が華奢で非力な幼い少女に見えたことだけが理由ではない。彼女には、何でも話してしまいたくなるような不思議な雰囲気があったのだ。その声。その視線。わたしを受け入れる全てが、とても心地よい。木曜日は、わたしよりうんと幼い少女であるのに、不思議と昔からの親友であるかのように感じた。彼女に心を開いてしまうのも、それが理由だろう。だから、誤魔化しはしない。わたしは心から彼女に「ごめんね」を言った。それを聞いた木曜日の瞳は、違う潤みを帯びる。

「彼に会ったって、お互いに良いことなんてないわ。あなたはここで、私と過ごすべきよ」
木曜日はわたしの手を強く握る。いや、掴んでいるといった方が正しいかもしれない。木曜日は非力な腕で、腕力よりも強力な力でわたしを捕らえていた。木曜日からあふれ出るその感情は、男女間のそれよりも幼く、傲慢だ。少女が特別な友人に抱くような、純度の高い独占欲に満ちている。

「私の方が、あなたに優しくできるのに。きっと楽しくできるのに」
木曜日は捨てられた子犬のような瞳でそう訴えかけてきたが、わたしが困ったような顔をして何も言えずにいると、やがて寂しそうに顔を伏せた。そして、わたしから離れていく。わたしは、わたしこそ彼女に捨てられたかのような孤独感を覚えた。

「月曜日はここにはいないわ。ここは木曜だもの。まだ、彼には遠い」
小さな背中はわずかに震える声でそう言うと、立て付けの悪い教室のドアをガラガラ開けて、廊下に出ていこうとする。わたしはあまりに早い別れに、「木曜日」と、思わず彼女を呼び止めた。けれど、振り返ったその瞳にはもう親しみの色などなく、苛烈な敵意が宿っている。

「馴れ馴れしく呼ばないで。私は、私を必要としないあなたなんて、要らないんだから!」
ああ、少女の友愛とは、なんて身勝手で極端で激しいのだろう。

わたしは、それだけ言い捨てて去っていった彼女を、突然の拒絶に戸惑いながらも追いかける。もう少し、今の状況にヒントを得たかったからだ。けれど、廊下を出ても彼女の姿はどこにも無かった。

廊下は静けさに満ちているが、そこかしこから無数の気配を感じる。耳をすませば聞こえてくる、大人の声。椅子の足が、床をひっかく音。ああ、ここは授業中の廊下だ。トイレに席を立った時、具合が悪くて保健室に向かう時、先生に頼まれて雑用をこなしているとき。特別な時にだけ感じることが出来る、特別な空間。

廊下に立っていて誰かに見咎められたら厄介だと、わたしは音楽室に引き返した。わたしは常識から外れてもなお、不審者として通報されるのではないかという常識的な発想に囚われているらしい。音楽室がいつまで無人であるかは分からないが、少なくとも今この時は、廊下より安全な場所に思えた。わたしはできるだけ音を立てないようにドアを閉めて、外から見えないように廊下側の壁にもたれて座り込んだ。

膝を抱えて座ると途方に暮れているようだが、実のところそうでもない。なぜだか、次の進展はすぐ訪れるような予感がしていたからだ。この座り方は体育座りとも呼ばれていたな、などとのんきなことを考えられるくらいには、余裕がある。

そういえばわたしの通っていた小学校では、木曜日の朝には体育朝礼があり、運動後の午前中の授業は眠かったものだ。特に午前中の音楽の授業なんて、子守唄にしか思えなかった。

―――その時、終業のチャイムが鳴った。破裂したように騒がしくなる外の様子に、わたしはドキリとする。予想ではもう次の世界に移っていてもいい頃合いなのに、わたしはまだここに居た。もしかすると、一人では移動出来ないのだろうか?火曜日や水曜のように、木曜に何かを働きかけてもらう必要があるのだろうか?

廊下から響いてくる足音に、このままでは誰かに見つかってしまう!と、わたしは慌てて逃げ場を探した。そしてうっかり机に脚をひっかけて転び、咄嗟に顔をかばうように肘を突き出した。



inserted by FC2 system