Act5.「不思議の国?」

「動くな」
突然の制止の言葉に、草むらから起き上がろうとしたの動きは封じられる。その声は白ウサギのものではない。彼よりも少し高い、テノールの青年の声だ。
強く鋭い命令に、は状況は掴めなかったが、直感的に従ってしまう。

(一体、何がどうなっているんだ?)
声は、横からする。はちらり、と目だけを動かし状況を掴もうとした。そして息を呑む。長い槍の尖った先端が、喉元に突きつけられていたのだ。

「……!」
あまりの出来事に、悲鳴さえ出ない。槍の先端から柄の方へ恐る恐る視線を辿っていけば、それを自分に突きつけている人物が目に入った。
顔は木の影と夕闇でよく見えなかったが、濃紺の、学生服のような服を着ている。それには白いゼッケンのようなものが付けられていて、ゼッケンの真ん中には何か赤い絵が描かれているようだった。頭上には、トルコ帽のようなつばの無い円筒状の黒。その姿はの中の兵隊のイメージと重なるが、衣服や装備品に施された華美な装飾が、兵隊は兵隊でも飾りめいたおもちゃの兵隊を思わせた。もしここが遊園地ならば、スタッフと間違えてしまうだろう。だから、手にしている物騒なものが不釣合いで不気味だった。

「何者だ。一体ここで何をしている」
彼の後ろには数人の兵士達が控えていて、の姿に警戒の視線を向けている。
は彼らの視線に、傷だらけで汚れている自分の身なりを思い出した。しかしそれは、このような待遇を受けるようなものだろうか?もしかすると、女子高生の制服自体が彼らにとっては見慣れない不審なものなのかもしれない。または、問題は姿形ではなく、この場所にいること自体にあるのかもしれない。

分からない。何も分からないが、少なくともこのように責められる謂れはない。わたしは丸腰の女子高生で、彼らに危険を及ぼすものなど一つも持ち合わせてはいないのだから。
とにかく何か弁明しなければならない。と、は考える。しかし、適した言葉が見つからなかった。彼が聞いているのはの名前などではないということは分かっていたし、現状を説明するには彼女の思考の整理は追い付いていない。言葉が、出てこなかった。

「さあ、答えろ!さもなくば今すぐここで、」
彼の言葉を遮ったのは、の背後で鳴り響いた銃声だった。その音に空気が振動し、体が硬直し、耳が悲鳴を上げる。振り返ることを許されないには、何があったのかを知ることは出来なかったが、シンと静まり返ったその場に一つの声が響いた。

「邪魔だよ」
それは確かに白ウサギの声だった。を突然突き落とし、ここへと誘った彼の声に違いない。声の抑揚は相変わらずで感情は掴み難かったが、しかし先程よりも確実に、その音は低かった。ザア、と風が葉を揺らす音が辺りを包む。
に槍を突き付けている兵士もそちらに気を取られたのか、首元の切っ先が僅かに退いた。それを確認しても恐る恐る、彼らの視線の先を振り返ろうとする。しかしが振り返りきる前に、後ろから歩み寄ってきた影が彼女の二の腕を掴まえて、その抜けた腰を持ち上げ、立たせる。そこに居たのはやはり、赤い瞳の彼だった。

その顔は相変わらず表情に乏しいが、瞳には苛々が滲んでいる。冷たく重い、独特の威圧を放つ彼の様子は、不機嫌というには恐ろしすぎた。兵士達は一様に青褪め、うろたえ、焦り、怯えている。

「も、申し訳ございません!その、暗くてよくお顔が見えず、大変無礼なことを……」
しどろもどろになる兵士達に、彼は「そう」と短く言っただけだった。そして彼らを意に介さない様子でを連れ、その場を後にしようとする。しかし、立ち塞がるものが居た。

「お待ちください。その少女が何者かは存じ上げませんが、この国の者ではないように見受けられます。不法入国者を見逃すわけにはまいりません」
それは、先程までを捕らえていた兵士だった。彼は他の兵士たちより若く見えるにも関わらず、狼狽や怯えを見せない落ち着いた態度で彼の前に立ち、はっきりとした声で主張する。
は改めて、正面から彼の姿に目をやった。……彼のゼッケンには、大きな赤いハートが一つ描かれている。見れば他の兵士達も同様のゼッケンを付けており、三つ・四つ・九つと数は違えど、そこには一様にハートが描かれていた。
まるで、トランプみたいだ。

「僕がこの子を連れてきたんだから、それは不法とは言わない」
僕はこの子に用がある、だからそこを退けと白ウサギは言った。その言葉には一瞬だけ恐怖を忘れて呆れたが、同じように納得しきれていない様子の兵士は、やがて諦めて横に退いた。他の兵士達は恐怖だけをその顔に貼り付けて、道を空ける。は彼に腕を引かれながら、一度だけ振り返った。そこには―――兵士の一人が、伏している。

本当に、今が夜で良かったと、は心底そう思った。明るければ見えてしまうものが、闇に隠されて曖昧に包み込まれているから。

(きっと、)
きっと、彼は気絶しているだけなのだろう。白ウサギのもう一方の手にあるものが、映画の中で軍人が持っているようなライフル銃にしか見えないことも、その場に漂う硝煙も、きっと全部わたしの気の所為なのだ。何も、見えなかった。何も、分からなかった。
ただ、確かに聞いてしまった。苦しむ間も与えられなかった誰かが残した、刹那の喘ぎを。

頭がぐらぐらした。「嗚呼」と、頭に浮かぶのはひたすら感嘆詞ばかりで、明確な言葉にならない。もう二本の足はちゃんと地に付いているというのに、実感は湧かなかった。



それからのことは、あまりよく覚えていない。
どんな道を通って来ただとか、どのくらい歩いてきただとか、その間自分が何を言ったのかも、もしかしたら何も言わなかったのかも、分からなかった。ただは、白ウサギに腕を掴まれたまま、森を抜けていく。どこを見ていたのかと聞かれれば、多分辺りをぼんやりと見ていたのだろう。
訊きたい事は山程あった。だからこそ何から訊けばいいのか選べない。それと、少しだけ逃げ出したかった。

やがての瞳の中に、街の明かりがチラチラと揺らめき始める。だがそれは、彼女の見慣れたネオンライトでは無い。

ぴたり。白ウサギの足が止まる。引っ張られているだけで、進む気など全く無かったがそれに合わせて立ち止まる。今度は、その背に鼻をぶつけることは無かった。白ウサギはの腕から手を離すと、自分より遥かに小さな少女を暫くの間何も言わずに見ていたが、羽虫が一匹、近くの灯りに飛び込み羽を燃やした時、その小さな音をきっかけにでもするようにしてようやく口を開く。

「君、名前は」
頭が何を考えて、体がどうしているのかも分からないというのに、の口は彼の言葉を確かに聞き取り、理解した上で言葉を選び紡ぎ出していた。

です。
「……それ、どっちが名前?」
「……が苗字で、が名前です」
随分と、おかしなことを聞くのだな。もしかすると不思議の国では英国のように、名前が先で、苗字を後にしなければならないのだろうか、と思った。思った、ということはどうやら自分はそれについて考えているらしい。

「二つも名前があるなんて面倒だね」
「いえ特には」
「君が面倒でなくても僕が面倒なんだよ。うん、でいいね」
お好きにどうぞ、と、は言う。彼が、もう一度確認するようにその名前を口にする。その様子は、たった一つの名前を覚えることすら大層面倒であるというように見えた。
白ウサギが、呆然と立つに何かを手渡す。ぎょっとして、反射的に弾き返しそうになったがそれは予想に反して黒くもなければ長くも重たくも無い、銀色に光る冷たい金属だった。は自分の手の中をしっかり確認する前に、彼の両手を確認する。どこにも、先程見た黒は見当たらなかった。どこへ消えてしまったのだろう。


浮かれていた頭は、すっかり冷えている。


「君にはこれから、しなくちゃいけないことがある」
ジャラ、と手にあるものが音を立てる。は改めて、彼から渡されたものをよく見た。
それは手錠……にしか見えない。しかし、よく刑事ドラマで使われているようなシンプルなものではなく、アンティーク調の細やかな装飾が施されているそれは、実用的であるとは言い難い代物だ。疑問符を浮かべる彼女に、白ウサギは言葉を続けた。

「君に課せられた任務は、罪人の逮捕。謀反を起こした大罪人の捕獲だ」
「……ざいにん、ほかく?」
脳内ではまるで、ゲシュタルト崩壊のような現象が起こっている。言葉が、言葉じゃないようだ。ようやく言葉の全体としての意味を掴めても、感情が沸き起こらない。他人事のように感じてしまう。他人事かもしれない。え、違う?

「大罪人の名はアリス。そして彼女を捕まえることが、白ウサギの役目」
「……ちょっと、待って下さい。なんで白ウサギがアリスを追いかけるんですか。アリスが白ウサギを追いかけちゃうのが物語の冒頭でしょ」
「言ったはずだよ。状況が違うって」
そういえばそんなことを言っていたような気がする。その後すぐにマンホールに突き落とされたから、それどころではなかったけれど。―――いや、嘘だ。わたしが大して重要だと思わずに聞き流してしまったのだ。

「白ウサギの役目ということは、わたしは、あなたのお手伝いをすればいいんですか?」
彼の言うことはあまりに理不尽な要求だ。しかしには、それをこなして物語に区切りをつけない限り元の世界に帰ることはできない、というお約束の展開を安易に想像することができる。それが王道のストーリー。世の中の定番というものだ。
そもそも不思議の国に踏み込んでしまったのだから、今更理不尽も何もないような気もするが。

しかし首を横に振って告げられた白ウサギの言葉に、は呆気にとられるしかなかった。

「違うよ、僕じゃない。君が白ウサギになるんだ」
「……え?」

何を言っているんだこの人は。いや、このウサギは。わたしが、白ウサギになる、だって?
……意味が分からない。わたしは人間だし、あなたのように長い耳は生えていないし、髪だってこの通りの色素の濃さ。これじゃあ百歩譲って黒ウサギだろう。そもそも“なる”ってなんだ。なるって……白ウサギに、なる?

「なんで?」
もしかすると先程から彼は、超難解な言語で話しているのかもしれない。けれどそれは果てしなくわたしの使っている言語に酷似していて、わたしの使っている言語で解釈するならば、つまり、彼は、わたしに人間をやめろと言っている、のだけれど。

「ならなくちゃいけないからだよ。君だって、なりたい筈だ」
そんな訳が無いだろう、生まれてこの方何年間人間をやってきたと思っているんだ。第一、彼の言う“なる”の意味が理解できない。幼い子が将来の夢を聞かれて意味も分からずにライオンになる、猫になる、スーパーヒーローになる、と言う類のものと同じなのだろうか。わたしはケーキ屋さんやお花屋さん、くらいしか言った覚えが無いが。人間以外になりたいなどとは思った覚えすら無いが。一度だって。

「この国では、君は白ウサギになる以外に存在することができない。だから必然的に君は僕の替わりに白ウサギになって、大罪人のアリスを捕まえる。じゃないと君は帰れない。いいね、君が白ウサギだ。分かった?」
そんなの良い訳ないじゃないか。とは思うのだけれど、気持ちに反して彼の説明を次々に呑み込んでいってしまう自分が居る。
彼の勝手な言葉には、嫌だとは言えない何かがあった。

「……耳の短い、黒ウサギでも?」
「姿形にそれほど意味は無いよ。説明は、僕から聞くよりも適任が居るはずだから」
まるで「じゃあ」とでも言うような声色に、は焦る。急にそんな意味の分からないことを言われて、右も左も分からないようなところに置き去りにされて、たまるものか。この世界は危険すぎる。一人の時に先程のような目に遭っては、今度こそ生還できる気がしない。
あまりに無責任な白ウサギ……の名を譲り渡した彼を、は呼び止めようとした。しかし、引き止める為の名前を知らない。白ウサギではなくなった彼を、何と呼べばいい?

「ちょっと待って下さい。あの―――あなたのお名前は?」
「なんで?」
「知りたいからです。教えて下さいませんか」
「………ピーターだよ。別に、覚えておく必要は無いけど」
「じゃあ、ピーターさん。この件ですけど、わたしが……もし、断ったら?もしくはこの場では了承したフリをして、逃げてしまったら?または、期待通りにこなせなかったら?」
言葉を紡ぐ度に、本来の感覚が戻ってくる。ばらけた感情が収束して意思になる。は、昼間に夢を見てからというもの、どこかへ迷子になっていた“それ”がようやく帰って来たことを感じた。
路地裏で彼を見たときに世界が押し戻ってきたのだと思ったのは間違いだったのだ。あの時新しくやってきたのは、わたしの知らない“めまぐるしく華やかな光”で、今じんわりと取り戻した“静かで重い灰色の何か”こそ、
わたしが親しむべき“現実”。

「君は嫌だとは言わないよ。言えない」
はハッとした。場の雰囲気が一瞬にして豹変したのだ。いくら現実味があっても、ここには彼女の知りえない別世界の規則が張り巡らされている。
既に彼に支配された空気を察して「やばい」と感じた時には遅く、どこからともなく姿を現したソレの非情で冷たい銃口が、に向けられていた。

反射的に、目を瞑る。
―――そして、発砲音。また、耳が痛い。

早鐘のような心臓が、まるで耳の中に移動したみたいにうるさく響いている。口の中が、カラカラだ。……二発目は、こない。
は、恐る恐る目を開けた。目の前に立つ男は、何事も無かったかのような平然とした顔をしている。そして颯爽と踵を返すと、今来た道を早足に戻っていった。呆然としているを、彼が振り返ることは無かった。その姿はすぐに見えなくなる。

今のは、何だったのだろう。
引き受けなければ撃つ、という脅しだったのだろうか。

「………何これ。とんだ夢物語じゃないの」
は嘲笑交じりに呟いて、その場にずるずると崩れ落ちた。静かな夜の森には、小さな呟きもよく響く。冷たい風に晒されて、は改めて今の自分の現状を考えてみた。女の子なら誰だって、一度は夢を抱く不思議の国。その魅惑にかどわかされ、連れて来られたのは、とても不思議の国とは思えない場所だった。踏み入れた瞬間に死の恐怖を味わい、死を間近で感じた。綺麗な装丁の、本の中の住人達。彼らの持つ面白おかしい理不尽さ、可愛らしい横暴さはここにはない。この世界にあるのは、暴力的な理不尽と横暴だ。

夢を見ては駄目よ、という紫の言葉が思い出される。どんな時でも助けてくれた自分の絶対の味方は、この世界のどこにもいない。信じられるものは、自分だけ。否、今はもう、自分すら信じられなくなっていた。道路に飛び出したときのように、またいつ早まった行動に出てしまうか分からない。

「どうすれば、いい?」
訳が分からない。意味が分からない。こんな時、紫が居たらきっと最高だと思える答えをくれる。彼女が怯えているなら、きっとわたしは彼女の手を引くことが出来るだけの勇気を取り戻せる。一緒に、まずは肌寒い夜を凌ぐ方法を考えよう。
ああ、けれどけれど、



(ワンダーワールドに君はいない)



わたしがもう子供じゃないから、こんな夢しか見られないって事? inserted by FC2 system