Act3.「夢物語は路地裏から」



路面とタイヤが互いに削り合う音を聞いた。誰かがわたしの背中に怒声を浴びせている。この際そんなことはどうでもいい。自分は追わなければならないのだ。熱に浮かされた体は、ただただその衝動的な義務感に、突き動かされているのみだった。
滑稽な踊りみたいに車と車の間をすり抜け、路地に入り込み、暗い細道を走って出た路地の裏。そこに、彼は居た。再び赤い瞳に取り込まれる。もう気だるさなんてとうにどこかへ飛んでしまっていた。

「どうして、僕を追ってきたの?」
「………え?」

問いかけられる低い声に、ははた、と我に返る。それと同時に、体中から冷や汗が噴出した。公衆の面前で恥じらいも無く大声を張り上げてしまったこと。スカートの裾を掠めていった車のボンネット。途中で脱げてしまった片方の靴。足の裏が、痛い。

(一体わたしは何をしているんだ!正気か!?)
視界がぐらりと暗くなりかけた。全身に余韻を残す、憑りつかれたような感覚。瞬間的で、鮮明な夢遊病。狂気の沙汰。……わたしは、いつかわたしを殺してしまうかもしれない。ぞっとした。
客観的に状況を理解したことで、空気は一気に重量を増す。彼の視線が痛い。穴があったら入りたい。は居た堪れなさから顔を伏せた。が、彼は一言問いかけたままで何も言わない。もうどうしようもなくて、コンクリートに穴は中々掘れそうもなかったので、は恐る恐る彼を見上げるしかなかった。すると、「あの」とか「その」とか、それらに続く言葉も形になる前に全て消えてしまい、は、ただ息を呑む。その目は驚きと、抑えきれない好奇心で揺らいだ。

彼は、普通の人間ではなかった。

飾り鎖の付いた片方だけの眼鏡。その奥の、ガーネットの瞳。くるくるふわふわと、ところどころはねた真っ白な髪は夜の闇を吸って青みを帯びていた。真っ白。真っ赤。そしてなにより―――の目は、彼の頭上から天へと伸びる、二本の白いものに釘付けだった。

頭の中で、過程を飛び越えた結論が出る。

「あなた、不思議の国の白ウサギでしょう」

その二つの長いものは、の言葉にピクリと揺れ動く。どこか眠たそうな瞳が、僅かに見開かれた。そしてすぐに訝しむような視線に変わったそれに、は自分の発言が酷く恥ずかしく感じて、口にした後で後悔する。もっと愉快な反応をしてくれればいいのに、言動だけを見れば、の方がまともではない。得意げになって言うんじゃなかった。

またも足元に入り込める穴を探すだったが、しかし、彼を見て真っ先に浮かんだ“それ”を拭えるだけの現実が今はまだ無いのも確かだった。だって追いかけられる服を着たウサギなんて、それしかないじゃないか!
そうなのだ、ああ、もしかするとこれは幼い頃に読んだあの本の、あの夢物語なのかもしれない!は高鳴る胸を押さえて、“待て、現実がそんなに面白い展開になるとは思えない、期待するな”と、紫の冷ややかな瞳を思い出しながら自分に言い聞かせた。でも、あの真っ白な耳は血の通った本物にしか見えない。そうだったら良いと思っているから、そう見えるのだろうか。

「ご名答。僕は君の言うように白ウサギだよ」
「えっ。まさかそれって、本当に?」
が驚いて彼を凝視すると、彼はその視線を煩わしそうにあしらって、突然歩きはじめた。逃げてしまう!と、まるでそれこそ本物のウサギでも相手にしているかのように、は早足で彼の後についていく。

靴という相棒を失った左足は小石を踏むたびに痛んだが、はそれどころではなかった。寧ろ、人魚姫が慣れない地上を歩いた感覚を体験しているようで、その痛みすら面白いと感じられる。はこの非日常的な出来事に、すっかり舞い上がっていた。
だから当然、知らない人について行っちゃいけません、と言い聞かされ続けてきた忠告を無視する。だって彼は“人”じゃないそうなのだから。 彼は、自分を白ウサギだと言うのだから!と言い訳をして。

「あの、それであなたは……本当に、アリスっていう女の子に追いかけられる、不思議の国の、白ウサギさん?」
「……まあ、状況は違うけど、概ねそんな感じ」
どうでもよさそうに肯定した彼は、一定の歩調で、暗い路地の裏道を進んで行く。は軽い足取りで、その後に付いていく。

返ってきたその返事がいかに濁っていようとも、本質として否定でないならば、にはどうだって良かった。否定でないことが重要で、可能性にこそ意味がある。例え彼が兎の耳を付けたコスプレイヤーであろうと、幻覚であろうと、今この瞬間に少しでも非日常を楽しませてくれるのなら、何だっていい。できれば満足するまでの間、この冗談に付き合ってくれればそれで良いのだ。そしてそのまま謎を残して姿を消してくれるならば結構。ああ、結構!

わたしの世界に、少しでも不可解なところを残しておいてくれさえすればいい。

「赤いチョッキは着ていないんですね」
颯爽と前を行くその後姿を眺めて、が言った。
彼の服装は、暗い深緑色のシャツに、赤に近い橙色のネクタイ。黒のサスペンダーとスラックスというもので、童話の白ウサギのイメージからは離れたラフな格好だったのだ。
彼はの方を見ずに、ぽつりと言う。

「緑と橙色」
「え?」
「ウサギってにんじんが好きなんじゃないの?」
「………なるほどー」
は納得したような口ぶりで、突っ込みたい衝動を抑えた。とりあえず、彼の中のウサギのイメージがその色の組み合わせだということだろうか。それが何だ。一体何なんだ。
は話を変えることにした。

「でも不思議の国って、本当にあったんですね。良かった!」
「ああ、うん」
「ようこそ世界の反対側、何一つ、不思議じゃない世界へ」
「どうも」
白ウサギはどこまでも適当だ。しかしも大概に適当なので、人のことは言えない。

「わたしは不思議じゃないことに飽きちゃいましたので、よく分かりませんが、あなたにとってはこの世界も目新しく楽しいものかもしれませんね。……ああ、わたしも不思議の国へ行けたらなあ」

不思議の国、もしもそんな夢物語がこの世界のどこかに存在しているならば、人生は今の何倍、楽しくなるのだろうか。2Dから3Dくらいの変わりようは、有るだろうか。だとすれば、果たして一体不思議の国への入り口は、どこにある?

アリスは穴に落ちて、不思議の国へとたどり着いた。だとすればこの足元に、ワンダーランドがあるのだろうか。ワンダーランドがアンダーランドだなんて、なんて面白いのだろう。

「不思議の国への入り口って、やっぱりウサギの巣穴の向こうとか、鏡の向こうとかにあるんですか?」
お差し支えの無いようでしたら、是非教えていただきたい……なんて言葉が喉まで出掛かった時、突然、彼が歩みを止めた。すぐ後ろに居たはその背中に勢いよく鼻をぶつける。反射的に「すみません」と謝ってしまうが、どう考えても悪いのは彼で、被害も一方的だった。一体何事かと、は非難めいた視線で彼を見上げる。出会った時から思ってはいたが、彼はとても背が高い。近い距離では、それをより痛感する。そう、痛感。見上げる首が、ちょっとだけ痛い。ちなみに打ってしまった鼻も、痛い。あ、足も痛いんだったっけか。


「ここだよ」

「え?」

何が、と問おうとしたその瞬間、彼の腕が見てもいない背後のの腕を捕らえて、そのまま彼女の体も引き連れ、前に引っ張り出した。

「………え?」
何事かと困惑しているが、一歩先の足元に深い闇が丸く待ち構えていることに気付く。そこにあったのは、十二分に人が入り込めるだけの穴だ。そして、これから何が起こるのか分かってしまったときには既に遅く、白ウサギの手がの背を押し出していた。は形容し難い声を上げながら、何とかして穴の淵に留まろうとつま先に力を込めたのだが、それも無駄な抵抗に終わり、体は闇に誘われるように―――落ちていった。

「わっ―――、」

キャア、とか、ヒャア、とか。今まで出したこともないような自分の悲鳴が、頭上に吸い込まれていく。ちがう、私が穴に、吸い込まれている。落ちながら振り向いた「入口」には、丸く縁取られた涼しげな夕空に、表情の無い白ウサギ。

(なんだ、これ。夢?)

ああ、ちょっと路地裏に足を踏み入れただけでこんなに不可思議なことがあるならば、もしかすると不思議じゃなくつまらなかったのは、わたしだけだったのかもしれない。

胃が浮かんで、脳が突き抜けていきそうで、叫び声も尽きた頃、はどこかで誰かの悲痛な声に呼ばれたような気がした。だがそれはきっと、風を切る音に騙されでもしたのだろう。



*



嫌な予感がした。否、していた。彼女の様子がどこか変だと感じ始めてから。違う、本当はもっと前から、ここ最近ずっと感じていたことだ。ただそれを認めてしまうことが怖くて、いつもどおりの平和な日常が続くものだと信じていたかっただけ。けれど遠ざかっていく彼女の背中を立ち止まって見つめていたら、小さな予感が胸騒ぎに変わり、頭の内側から割れるような警鐘が鳴り響いて、悠長に構えている暇は無いのだと知った。だから追いかけたのに、私は“また”、一歩遅かった。

私がそこに辿り着いたとき、残っていたのは彼女の悲鳴の名残だけだった。そして、彼女を突き落とした男は私の存在に気付きもせずに、自身も穴へと飛び込んでいく。
取り残された私はよろよろと覚束ない足で、彼女を飲みこんでしまった穴に近付く。が、それはもうただの蓋の開いたマンホールで、人があんなにも簡単に落ちていくような大きさでもなく、底にはほの暗い水が揺れているだけだった。

誰もいなくなった路地裏で、車や人の行き交う音を遠くに聞きながら、私は目の前の現実に愕然とする。ああ、日常が壊れる音がする。なんで、どうして。
強く噛みすぎた唇からつ、と赤が引かれる。私の弱さで世界は温く滲んだ。
私は、彼女の名前を叫ぶ。



(ああ、私がずっと大切にしてきたものが、今再び奪われようとしている) inserted by FC2 system