Act1.「溶け出す世界の君」



ある日突然、世界が溶け出した。

雲一つない大空は、突如その鮮明な青を零れ落とす。ぼたり、ぼたり。チューブから絞り出した絵の具みたいに、粘性のある滴が落ちてくる。色が抜けたそこにはぽっかりと黒い穴が開いており、青一色に澄み渡っていた空は、あっという間に黒の水玉模様に変貌を遂げた。太陽は砕け散り、その破片はキラキラと宙を舞う。破片の一つが目に入りそうになり、避けようとした。が、身動きがうまく取れない。思うように動かない体に視線を下すと、既に膝まで色の洪水に飲み込まれていた。
コンクリートみたいな、ゴムみたいな、紙粘土みたいな、不思議な感触のそれは、様々な色をしていた。森の緑。城壁のクリーム色。柄に特徴のあるキリンやシマウマは、溶けてもその原型を容易に知ることが出来た。

わたしを囲む360度の世界が一斉に溶け出して、まるで意思でも持っているかのように、わたしを飲み込もうとしている。
そしてわたしは、そのような状況を静かに受け入れようとしていた。

決して望んでいるのではない。が、拒む気持ちもない。その時のわたしは無気力の塊のようになっていて、空のように、太陽のように、壁のように、世界と溶け入ることが自然の摂理であると納得できた。これはそうあるべき、世界の理なのだ。

気付けばもう、視界は抽象画の世界に支配されていた。音も無く、時間の経過すら感じさせない、法則性の無い単純な色の世界。それだというのに、わたしはまだ中途半端に感覚を残している。いっそのこと何も分からなくなってしまえばいい。みんな一緒に、一つになってしまえばいい。わたしがわたしという個である限り、悲しみ・苦しみ・寂しさ・苦しさは常にわたしの所有物になり得る。ならばわたしは、わたしなど要らない。個は孤独だ。孤独は、痛い。

わたしは瞳を閉じる。世界と一体化する為に、わたしはわたしを溶かす。
しかし、溶けだしかけたわたしの意識を収束させ、輪郭を失いかけた手を掴んだのは―――君だった。

君が、世界の定理を覆した。

重力なんて無視して宙に浮いている君。君は力強く、胸元まで浸かりきっていたわたしを引き上げる。ばさりと広がる真っ白なレースの日傘。君の向こうで、お花の刺繍がくるくる回る。
繋がれた手は、少し汗ばんでいた。その温もりが無性に愛しく思え、強く握り返す。すると君は嬉しそうに微笑んで、わたしの手を引いて一歩空へと踏み出した。ぬめりと、どろどろから抜け出た足はそのまま宙を踏む。
わたしと君は、空を飛んでいた。

相変わらず、上からは空が零れてくるし、下では色が洪水を起こしている。世界は混ざり合い、着々と一つになりつつあるのに、わたしと君だけが孤独だった。しかし、一人ではない。二人の孤独は、わたしに個としての安堵と幸福を思い出させた。忘れてしまうところだった、大切な感覚。わたしがわたしで、君が君だから、生まれる感覚。

ふわり。傘が風に乗って、わたしと君をどこまでも運んでいく。笑ったままの君の頬にわたしは手を添え、「泣かないで」と言う。その手に、白く細い君の手が重ねられた。

「よく見て、僕は泣いている?」
困ったように笑う、君。



「ええ、泣いているわ。ずっとね」







と、いうのがわたしの白昼夢。
わたしは今、夢と現の境に居た。夢は終わっているが、現実にはまだ戻りきれていない。曖昧な空間だ。

終わってしまってから振り返ると、以上の夢は、恐らくこれは夢なのだろうと最初から分かっている上での夢だった。脈絡の無い内容。めちゃくちゃな世界観。そして何より、わたし自身が客観的過ぎた。あの場所に立って、君と居たのは間違いなくわたしという存在だったのだけれど、まるでパラレルワールドに生きるもう一人のわたしを垣間見てきたかのような感覚だった。

奇妙な夢だったが、夢が奇妙なことなど珍しいことではない。この夢もよくある意味を持たない夢のひとつで、目覚めればすぐに忘れてしまうだろう。覚えている夢もあるが、今回の夢は覚えていない夢の方だと、漠然と理解していた。その証拠に、既に殆どの内容は思い出せない。
ただ、一つだけ。君の表情だけが、いつまでたっても離れない。顔さえ持たないただの表情だけが、ぷかりと浮き出て、わたしの目の前にまだ残像を残しているのだ。うっすらとしていてよくは見えないのだが、やはり笑っているように見える。その硝子で出来たような儚い表情に、わたしの中のどこかが傷む。どうしようもなく、ただ切なさに心がよじれた。
何故、そんなに悲しい顔で笑うのだろう。君に悲しい思いをさせているのは、わたしなのだろうか。

やがて、瞼の外側から差し込む光が、君の表情を透かして消していく。それを拒む術など、わたしが持っている筈も無かった。



(ああ、なんかちょっと……アンニュイな気分)
閉じていた目蓋を開け、うつ伏せていた顔をゆっくり持ち上げる。睡魔に全てを投げ打ってから、分針は既に半周近くも回っていた。ぽかぽかと暖まった体が冷めていくのと同時に、もやもやしていた頭も醒めていく。ぺらぺらとよく動く教師の口と、いつの間にか白い粉に埋め尽くされていた黒板を少しだけ眺めてから、は書きかけのノートの板書を再開するでもなく、なんともいえない気だるさの中でぼうっと宙を見つめた。ふと、そうこうしている内に夢の内容がどこかへ抜け落ちてしまった事に気が付く。今はもう、ただ不思議な夢を見ていた、ということしか思い出せない。

ぶるる、と控えめな振動がスカートのポケット越しに伝わってきて、机の下で携帯を開く。メールだろうか。メールだろう。彼女からなのだろう。恐らく受信フォルダの送信者の八割を占めているであろう、彼女からのメールに違いないのだ。

『おはよう。お目覚めはいかがかしら』

彼女―――桃澤紫は、幼い頃からの友人で、唯一無二の親友だ。親友などという陳腐な言葉で言い表すのもどうかと思うのだが、自分と彼女との関係を表すのにそれ以上に適した言葉をは知らない。(なので、世の中の陳腐な“親友”が滅びればいいのだ)

画面から顔を上げると、黒板の横に設置してあるテレビの、電源の付いていない黒い画面の中で、紫の涼しげな瞳と視線が交わった。見ようによっては冷ややかにも見えてしまう他人を退けるその瞳は、に向かって微笑を浮かべる。もそれに応えるよう口の端を持ち上げてみたが、やはり紫のように綺麗に微笑むことなどできず、人に訝られる様なニヤニヤ顔しかそこには映らなかった。

返信すべきかどうか迷ったが、二人の関係は、返信が義務になる様なものではなかった。したければするし、そうでなければしない。それが通用する間柄というのは、携帯やメールの普及した現代において中々に貴重なものである。
内容も無いしいいや、とは携帯をポケットに押し込んで、また宙を眺める。

(内容が“無いよう”)
ちょっとだけ、そう返信してみようとも思ったが、指を動かすことが面倒だった。
今は、何もかもが気だるかった。身体に力が入らない。目覚めるとき、感覚を夢と現との狭間に落としてきてしまったのではないかと思えるくらいに、ふわふわしていた。
だから、得体の知れない何かがどこかで静かに蠢き始めたような、そんな気がしたのだけれど、それも気の所為だ。だって、人生は大概得体が知れている。

ああ、視界の端の四角い空といったら、なんと青いこと。 inserted by FC2 system