0000「書生と花売り」



「また男と寝ただろ」
「そんなこと、あなたには関係ないでしょう。いくら幼馴染だからって、こっちは商売なんだから口出ししないで。偉そうに。流石未来の官僚様ね」
「……っ!いい加減にそんな下品な遊女の真似事はやめろ!」
「うるさい!!どうせわたしはあなたみたいに学もなければ生活する金も無いの!生きるために自分を使って何が悪いの!馬鹿じゃないの!!」
綺麗に結った髪を掻き毟って、抜いた簪を地面に投げつけた椿は、捨て台詞に「畜生!」と残して立ち去って行った。その口の悪さと激しい怒りに、紫苑は何も言い返せず見送るしかなかった。

「くそっ…!椿の奴!僕の気も知らないで!!」
紫苑は椿の捨てた簪を拾い上げ、どこかの男から贈られたであろうそれを睨み付けながらも、彼女の香が残るそれを無下には扱えず懐にしまった。

紫苑と椿とは幼い頃からの幼馴染だった。遊ぶときはいつも二人一緒に、川へ、山へ、色々なところへ行って色々な遊びをした。しかしいつからか、二人の間には大きな溝が出来ていった。椿の父親が事故で亡くなり、母親が病で床に伏せると、椿には金を稼ぐ手段が必要になった。そして二人が十三の夏、紫苑は彼女の仕事を知ってしまった。悲しくも現場を目撃してしまったのだ。

椿は「花売り」として花を売り、近づいてきた男に春を売るのだ。
まだ幼い紫苑にはその行為が酷く汚らわしく思え、椿を軽蔑するようになった。美しく純粋だと信じてやまなかった憧れの彼女の“像”を壊されて、紫苑は深く傷付いたのだ。だから当時は、一番辛いのが椿であるということにも、幼馴染からの軽蔑の視線がいかに椿を苦しめたかということにも、気が付くことが出来なかった。

それから暫くして紫苑は高等教育を受けるために都会へ上り、椿と顔を合わせることは無くなった。筈だった。だがそれから一年が過ぎた頃、椿の母が他界することで彼女が田舎に留まる理由は無くなり、彼女は金の為稼ぎの良い都会へと出て来た。そして二人は再会した。その時の二人の間には、もう昔のような和やかな優しい関係などは残ってはいなかった。

ただ、紫苑の中には幼い頃からずっと抱いてきた彼女への恋心が、まだ燻っている。
だからこそ、彼女が日毎に違う男と夜を共にし、時々身体に酷い傷を付けているところなど見ると、気が気ではないのだ。椿は、彼女は遊女の真似事をしても尚、生来から持ち合わせている品と知性を輝かせ、それが紫苑を魅了してやまなかった。紫苑はいずれ自分が官僚になった時、彼女に想いを伝えようと決めていた。彼女を救い出してみせる、と。

決意を改めて固め、より一層勉学に励もう!と意気込んで帰った矢先、下宿先の叔母が顔を真っ青にし、必死の形相で身体にしがみ付いてきて紫苑は腰を抜かしてしまった。

「ど、どうしたんですか叔母さん」
「紫苑くん、大変よぉ!ご実家から電報があってねぇ、………赤紙が来たんだよぉ」
叔母はそう言うと泣き崩れてしまった。紫苑は、叔母の言葉に直ぐには反応することができなかった。

(赤紙……召集令状……なぜ)
そもそも戦争があるなど、国民には知らされていなかったのに。
紫苑は絶望に打ちひしがれた。自分が戦場になど出て、生き残れるとは思えない。ならば自分は、志半ばのまま、国の為に死ぬしかないのか……。

それからは勉学にも手が付かず、食事も喉を通らず、ただひたすら恐れる日々が続き、出頭日は近づいて行った。何度か病に臥せようと、夜に裸で水浴びをしたりなどを試したが、こういう時に限って、万全の体調だった。

「どうしよう、どうしよう、どうしよう」
紫苑は頭を抱えて布団にうずくまる。もう明日、発たなければいけない。嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ!死にたくない!戦争なんかに行きたくない!召集を知らされてから毎日のように泣き暮れていたが、どうやら涙はまだ出るようだ。

ふと、滲む視界の端に、薪を割るのに使っている斧が立てかけてあるのが見えた。紫苑は憑りつかれた様にその斧に近づくと、柄を握りしめた。そして、刃先を自らの二本の足に向ける。

(足さえ無ければ!足さえ無ければ!)
偶然の事故で足を失ったことにすれば、逃れられる!戦争に行かなくて済む!大丈夫だ、死にはしない。歩けなくなるのと死ぬの、どっちが怖いかなんて決まっているだろう!

ブルブルと震える手で斧を振り上げたとき、それを制止する声が聞こえた。

「何やってんのよ。意気地無しのあなたにそんな事ができるわけないでしょ。馬鹿」
「椿……」
椿は開けられた戸に寄りかかり、馬鹿な男に嘲笑を浮かべていた。紫苑はここ数日ずっと会いたかった彼女の姿に、再び涙を流した。

「椿、どうしよう。僕はどうしたらいい」
「叔母さんから話は聞いてるわ。あの人もこんな仕事してる女をよく家に上げる気になるわね」
椿はそう言うと紫苑に近づき、その手から斧を?ぎ取った。

「あ!」
「……あ!じゃない。馬鹿がやることって本当に馬鹿ね。あなた学校で何を学んできたのよ」
やれやれと肩をすくめる椿に、紫苑は神妙な声で言った。

「椿、僕の足を斬ってはくれないか」
椿は一瞬だけ驚いた様に目を見開いたが、すぐに冷ややかな視線に戻すと鼻で笑い飛ばした。

「ハッ、最低!女に随分なことさせるじゃない。……いいわよ。一瞬で終わらせてあげるわ。目を瞑りなさい」
「ごめん」
紫苑は目を閉じた。今に、この自分を支えている足が無くなるのだ。けれど、それを彼女の手が下すのならば、いくらかはマシ―――……

しかし、いつまで待っても痛みが訪れることはなかった。それにまだ、自分は立っている。意地悪な彼女の事だから、目を開けた瞬間に斬るのか?と、考え込む紫苑の耳に、パサリ、と何か軽いものが落ちる音がした。

目を開けると―――そこには、長い髪を斧で少年のように短く切った椿が居た。自らの髪が散らばるその上に佇む椿は、紫苑が目を開けたことに不服そうにムッとしている。

「なっ、何してるんだ!」
思わず大声を上げてしまった紫苑を、椿はうるさい、と一喝した。

「あなたの着物、貸しなさいよ」
「な、なんで!」
「うるさいわね。どうだっていいじゃない」
紫苑の反応を鬱陶しそうに跳ね除けて、椿は紫苑の服の包まれた風呂敷に手を伸ばし、物色しはじめる。それから紫苑が止める間もなく、しゅるりと着物の帯を解くと一糸纏わぬ姿で紫苑を見た。紫苑は、窓から差し込む月明かりに照らされた彼女の体のあまりの美しさに身動き一つできなかった。椿はそんな紫苑に挑発するような目線を送りながら、手際よく着物の懐に忍ばせておいたサラシを胸に巻き付け、紫苑の着物に袖を通す。袴の帯を締めると、得意げな笑みを紫苑に向けて浮かべた。

「どんなもんよ!どこからどう見ても、男にしか見えないでしょう!」
確かに彼女の言うように、髪を短く切り、男の装いをした椿は背の低い少年に見えた。元々中世的な彼女には、驚く程にその格好に違和感が無い。
紫苑は目の前で何が起こっているのか理解できずに、ただ呆然と彼女の変身を見ていることしかできなかった。椿はそんな紫苑に歩み寄り、一瞬で懐に入り込むと、彼の胸元に頬を寄せた。

「わたしが、あなたの代わりに行ってあげるわ」
紫苑はその言葉に息を呑み、身体を大きく揺らした。椿が何を言っているのか、理解することができなかった。懐の椿を見ると、椿は何も含まない、昔のような純真な笑顔を浮かべていた。

「昔からわたしの方が、運動神経良かったもの。わたしが行った方が、生き残る可能性は高いでしょ。それに、あなたはこんなところで死ぬべきじゃない。うんと偉くなるんだから」
「つ、椿!君は何を言っているんだ!?どうして君が私の代わりに……!!」
「あなたが好きだからよ」
紫苑は彼女の突然の告白に、頭が真っ白になる。こんな時でなければ死ぬ程嬉しい筈の言葉が、今は死ぬほど悲しかった。

「こんなに汚れているわたしが、あなたを好きだなんて、迷惑よね。ごめんなさい」
「そんなことはない!君は昔からずっと変わらず綺麗なままだ!」
紫苑は思わず椿を抱きしめる。椿はくすぐったそうに、頬を染めて背に手を回した。

「……ありがとう!そんな風に言ってもらえるなら、未練がましく都まで出てきた甲斐があったってものね。紫苑、ありがとう!」
紫苑は椿が愛おしくて堪らなくなり、その唇に口を寄せる。触れ合うか触れ合わないかのその瞬間、鈍い音と重たい痛みが紫苑の頭に響いた。紫苑は気を失い、椿を巻き込みその場に倒れ込む。椿は持っていた花瓶を手放すと、震える声で「ごめんね」と言った。

それから丁寧に紫苑を布団の上まで運ぶと、額に口付けを残して、部屋を出ていった。戸の前には何とも言えない悲しげな顔をした彼の叔母が立っていて、椿の姿を見るや泣いて抱き締めた。

「叔母様。戦争が終わるまで、紫苑を隠しておいて。きっと大丈夫。全部上手くいくわ」
「椿ちゃん……本当に良いのかい?」
そうは言いつつも、この叔母は紫苑贔屓で、どこか縋るような目で椿を見ていることには本人も気づいてはいないのだろう。椿は優しく微笑んだ。

「はい!わたしには遺していくものは何もありませんから!」
その言葉に、叔母は泣き崩れた。椿はそんな叔母の背中を擦ってやり、紫苑のことをよろしく頼むと言い残して夜闇に飛び出していった。


明け方、目的地までの汽車に乗り込むと、もう二度と会えない幼馴染の顔を思い出して、椿は一人静かに泣いた。今頃彼は、目覚めただろうか?勝手なことをした自分を叱るだろうか?それとも、少しはホッとしてる?

嗚咽が漏れ出た。駄目だ、泣き声は意識して低くできない為に、性別がバレテしまう原因になる。椿は必至で目頭を押さえて、涙をひっこめようとした。

(ああ、神様神様、どうか、どうかわたしをお守り下さい!そしてまた、あの心優しい幼馴染に会わせてください!どうかどうかどうか!!)

―――それが叶わないのならば、せめて次に生まれる時には、彼とともに平和な時代へ!!



ひとしきり泣いた椿は、車窓に流れる全く見覚えの無い景色を眺めながら、ポツリと呟いた。

「やっぱり、ちゃんと口付けしておけば良かったかなあ」 inserted by FC2 system